幼稚園教諭とか保育士として働いたときのやりがいや良いところって?

◆幼稚園教諭の魅力

幼稚園教諭は仕事は忙しいのに収入は少ない、そんなイメージがあると言われている。
そして実は実際にアンケートでもそういった意見は出ているんだ。
資格を持っているのに保育士や幼稚園教諭として働かない人へのアンケートで、半数を獲得している理由1位は希望の賃金が叶わないから。
まぁ他職でも希望通り貰えてる人なんて一握りなんだけど、不満を思っている人がいるのは確かだよね。
そしてそこからもう一つ確かなことがあって、それでも働いている人はたくさんいるということ。
何故続くのかと言えば、働いてわかる魅力ややりがいがあるからだよね。
というわけで、よく集まる幼稚園教諭や保育士のいいところ、魅力、やりがいについて紹介するよ。

◆子どもたちとの触れあい

やはり保育教育に関わるだけあって、一番には子どもたちと触れ合えるという点が魅力として挙げられるね。
子ども好きな人が目指すのが大半なだけあって、大変なことも多いけど子どもの笑顔を見れば疲れも吹っ飛ぶのだとか。
自分の子どもを育てる時の参考にもなったという方も多くて、仕事と言う認識がない人もいるみたいだ。素敵な仕事だよね。

◆成長が間近で見られる

子どもの成長はあっという間。身体についてもそうだし、心についても見る見るうちに成長していく。
だから幼年期を見守ることになる幼稚園教諭の仕事は、多くの子どもたちの成長を毎日のように感じられて、それがやりがいに繋がっている人もたくさんいるよ。
子どもから大好きだと言ってもらえることももちろん多いし、保護者から先生に預けて良かったと感謝されることも少なくない。
そんなこと言われたら泣いちゃうかもしれないね。
さらには自分自身の成長にも繋がるよ。
子どもをしっかりと監督する必要があるし、もし泣いていたり孤立している子がいたり悪いことをしていたらしっかり声をかけなきゃいけないよね。
そういうところで気にする視点も身につくし、子どもたちの言動や行動から大人が学ぶこともたくさんある。
子どもの成長に合わせて、自分も大きくなっていけるんだね。

◆思い出作りの手助け

幼稚園は行事が結構多いもの。毎回その準備に追われてかなり慌ただしいことになることが多いよ。
でも当日は保護者も含めて必ず思い出に残るもの。運動会やお遊戯会、さつまイモ掘りや昆虫採集など、それぞれが大人になっても覚えていられる思い出になったらそれほど嬉しいものはないね。
みんなで何かをやり遂げるのは純粋に達成感として嬉しいものもあるし、わが子の成長に感謝してくれる保護者の方もいる。
イベント一つをやりきる毎に得られる経験値もたくさん。どんどんレベルアップしてさらにいいイベントを作っていこう。

◆成長した子どもが来てくれる

卒園した子どもたちがその後も顔を見せてくれることは結構多いようだよ。
あんなに小さかったのに、と立派になった子どもたちを見れば、涙腺が緩むのも仕方ない。
毎年のように顔を見せて手伝いまでしてくれる子も中にはいるとか。
そして自分に憧れて幼稚園の先生になりましたなんて報告があれば、それ以上のやりがいはないよね。
結婚式に呼ばれることもあるし、この仕事をやっていてよかったと思うタイミングは他の仕事に比べてとても多いよ。